糖尿病、生活習慣病なら大阪府箕面市(小野原交差点北東角)の「すえはら内科クリニック」へ。彩都方面からもアクセス至便。北大阪急行「千里中央」駅、阪急「北千里」駅、JR「茨木」駅から阪急バスで「小野原」停留所下車、徒歩すぐ。駐車場完備。

脂質異常症(高脂血症)

  • ホーム »
  • 脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)

コレステロールや中性脂肪が高い!! と言われたことはないですか?
コレステロールや中性脂肪が過剰な状態を脂質異常症(高脂血症)と言います。


コレステロールは、善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあります。

悪玉コレステロールが高い状態を放置しておくと、血管にコレステロールがたまり、血管が狭くなったり、 詰まったりします。
これが、心臓で起これば、狭心症、心筋梗塞になります。脳で起これば、脳梗塞になり、突然死に至ることもあります。 なので、悪玉コレステロールの管理は特に重要です。

脂質異常症の原因

心当たりのある方は、是非、改善して下さい。

脂質異常症の管理目標

悪玉(LDL)コレステロール140mg/dl未満
善玉(HDL)コレステロール40mg/dl以上
中性脂肪150mg/dl未満

*ただし、LDLC値は、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の既往や高血圧、糖尿病などの危険因子の有無により、上記とは異なります。

治療・・・基本は、食事・運動療法

①食事療法

揚げ物(フライ、とんかつなど)など油が多く使われている食品や、コレステロールを多く含む食品、
例えば、卵黄、魚卵(いくらなど)、イカ、タコ、エビ、肉の脂身、
乳製品(バター、生クリーム、牛乳など)といった食品は、控えましょう。

コレステロール値を上げる食品
・脂身の多い肉
・スナック菓子
・卵黄
・チョコレート
・即席麺
・バターやチーズなどの乳脂肪分、これらの加工食品
コレステロール値を下げる食品
・青背の魚
・大豆製品
・海藻類
・適量の植物油(やし油と落花生油を除く)
・野菜

食物繊維を多く含むものや青魚、大豆製品、油ならオリーブオイルなどの植物油が、おすすめです。

②運動療法

無理のない軽度な運動で、1日30分程度のウオーキングがおすすめです。
ただし、体調により調整が必要です。また、他の病気がある方は、運動療法が逆効果となることがあるので、必ず主治医に相談して下さい。

③薬物療法

食事・運動療法で、コントロールが困難な場合は、薬での治療になります。

脂質の管理を行い、健康な生活を送りましょう!!
気になっている方は、お気軽にご相談下さい。




アクセス

すえはら内科アクセスマップ

〒562-0024
大阪府箕面市粟生新家4-1-12

国道171号線 「小野原」交差点北東角 阪急バス「小野原」バス停 徒歩約2分

PAGETOP
Copyright © 2019 すえはら内科クリニック All Rights Reserved.